スポンサーリンク

苫米地英人による仮想通貨入門本『仮想通貨とフィンテック』

スポンサーリンク

仮想通貨とフィンテック: 世界を変える技術としくみ

一部の人だけでなく、一般の人も仮想通貨に関するニュースを聞くようになってしばらく立ちました。

仮想通貨について苫米地さんはたびたび言及しています。暗号技術についても、苫米地さんはかなり古くから研究しているというので、第一人者といえます。

この本は仮想通貨とは何か?という基本的な知識を苫米地さんが解説する本です。

基本的といっても、金融論や情報科学など大学の講義で習うような内容なので、レベルが低いわけではありません。しかし大変わかりやすいと思いました。

それに加えて仮想通貨やフィンテックなどがこの先、世界にどのような影響を及ぼしていくのか?私たちの生活はどのように変わるのか?などの疑問にも答えるものです。

注意してほしいのは「仮想通貨やフィンテックで儲かる」というような内容ではない点です。本書を読んでも即ビジネスに繋がるわけではありません。

しかし、仮想通貨やフィンテックで儲けるためには、基礎的な知識が不足していては無理でしょう。本書は遠回りかもしれませんが、確実に知識が付きます。

逆にいうと仮想通貨やフィンテックについてすでに深い知識を持っている人は読む必要がないと思います。

仮想通貨とは何か?

あいまいな定義

まず、仮想通貨とは何かです。

苫米地さんは仮想通貨の定義はあいまいであると言います。

仮想通貨の管轄官庁である金融庁のサイトには以下のような文言が記載されています。

・仮想通貨は「法定通貨」ではありません。
・仮想通貨は、価格が変動することがあります。
・仮想通貨交換業者は登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・仮想通貨の取引を行う場合は事業者から説明を受け、内容をよく理解してから行ってください。
・仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。詐欺や悪質商法に御注意ください。

暗号資産(仮想通貨)の利用者のみなさまへ:金融庁

仮想通貨とは「法的通貨」ではなくて、価値が変動するということです。法的通貨とは決済の手段として支払い拒否できないと法律で決まっています。

また資金決済法の第二条5項では以下のように定義されています。

5 この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

「法定通貨」ではないものの、通貨であると国は認めているわけです。

苫米地さんは通貨発行権の闇についてよく書いて、本書でも当然触れていますが、その歴史的背景を考えると、中央銀行(と政府)以外が通貨を発行することが認められたのは、革命的だといえます。

仮想通貨は帳簿

実際には通貨として使われる仮想通貨ですが、技術的な観点からみると通貨ではなく帳簿であると苫米地さんはいいます。

これはビットコイン等にブロックチェーンという技術が使われているのが理由です。

ごくごく簡単に言いますと、取引の履歴を塊(ブロック)にして、その塊を鎖(チェーン)のように繋げていく仕組みになっています。

取引履歴が鎖状に連なっているので、過去にどのような取引がされてきたかが、一目瞭然なわけです。

(中略)

仮想通貨とかフィンテックと呼ばれるものはブロックチェーンのことだと言ってもいいくらですから、仮想通貨もフィンテックと呼ばれるものも「帳簿」なのです。 601

 仮想通貨は儲かるのか!?

仮想通貨に関心のある理由として、仮想通貨のメリットは誰でも思い浮かぶと思います。もっとストレートに言うと仮想通貨で儲けることはできるのか?です。

本書では苫米地さんがこの疑問に答えています。

マイニング

マイニングは採掘と訳されます。データマイニングのような使い方もされますが、仮想通貨の場合は、新しい取引情報を元にして、ブロックチェーンを作ることです。マイニングを成功させれば、その報酬として、新たに発行された仮想通貨が支払われます。

マイニングの作業自体は難しいものではないですし、そのためのPCやパーツも売られています。しかし儲けることは難しいと苫米地さんはいいます。

マイニングとは、事実上、しらみつぶしに数値を当てはめていく作業です。

そのスピードを世界中の人々が競っているのです。

(中略)

ラックマウントされたLinuxマシンを何百台と棚に並べて、ものすごいスピードでたくさんの計算をこなして、正解を見つけるのです。

ですから、まずあなたは、大量のLinuxマシンなどのハードウェアを入手しなければなりません。

それほどのコンピューターを動かすとなると、とんでもない量の電力も必要になります。

とても、あなたの家の契約電力では足りません。

ビットコインのマイニングのために要している電力を合算すると、2014年の時点で、アイルランド一国の電力量に匹敵していたという試算もあるほどです。 762

マイニングの本質は電気料金との戦いだというのです。いくら新規発行の仮想通貨が手に入っても、それ以上の費用がかかっては意味がないでしょう。

また日本の電気料金は世界的に見て高いとよく言われます。世界中の電気料金が安い国が相手でだとすると、日本はマイニングにおいてハンデを背負っていることになります。

よってマイニングで儲けるのは難しいでしょう。

トレード

仮想通貨は現金と交換することができます。安いときに買っておいて、高いときに売るというトレードで儲けることも考えられます。

これについても、苫米地さんは儲かるかわからないといい、オススメはできないと苫米地さんはいいます。

「はじめに」でも述べたように、私のところにも「ビットコインを買っておくと」儲かるのでしょうか」などという相談をしてくる人がいるのですが、私の答えは常に「わかりません」というものです。 861

仮想通貨の専門家で、2050年 衝撃の未来予想 (TAC出版)など先の予想が得意な苫米地さんにしては珍しく、「わからない」と明言しています。

理由は歴史的なチューリップバブルと状況が似ていることと、円などと違って価値がゼロになる可能性が否定できないからです。少なくとも、FXや先物取引と同レベルのリスクはあります。

なので、どうしてもやりたければ余剰資金でやるべきだ・・・という至極まっとうな意見。細かい技術の話はともかく、仮想通貨で短期的に儲けることが難しいというのが結論です。

余談ですが、本書での苫米地さんは、普段の苫米地さんと違って、怪しさや胡散臭さはかなり低いでしょう。

仮想通貨のメリットと未来

短期的にはともかく、長期的な視点からすると、仮想通貨に大きなメリットがあるといいます。送金手数料が極めて安くなり、銀行や金融近刊の利権構造が崩れること。脱税が難しくなること。通貨発行量をコントロールできること。

これらによって平等な社会が実現すると苫米地さんはいいます。これに関しては正しいかわかりませんが、そうなって欲しいとは思います。

コメント