スポンサーリンク

日本人が知らない明治維新!?『明治維新という名の洗脳』

スポンサーリンク

明治維新という名の洗脳 150年の呪縛はどう始まったのか?

『維新は全てまやかしだった』という衝撃的な帯がついた本です。苫米地さんの取り扱う話題はかなり広いですが、ついに歴史モノがきたか・・・という感じです。

とはいえ、今までの苫米地さんの活動に無関係というわけではなく、日本人は明治維新の本当のすがたが見えないように洗脳されていて、その洗脳を解くために書かれたのが本書です。

本書の内容

『日本の夜明けぜよ』というように明治維新には旧来の悪習を破壊して新しい国家を作ったポジティブな面が多く語られます。これはある一面としては正しいですが、いっぽうで江戸時代の先進性や新政府の負の部分が抜け落ちている、偏った見方だともいえます。

歴史は勝者が作るものです。勝者である新政府の良い点はクローズアップされがちで、敗者である幕府側は不当におとしめられる傾向にあるでしょう。

本書の中で、苫米地さんは新政府の暗黒面を語ります。

具体的には明治維新には外国の介入があったということ。これだけだと既存の明治維新論と比べて特に真新しい点はないでしょう。幕府側をフランス政府が、薩長側をイギリス政府がそれぞれ支援していたのは広く知られています。

しかし、そうではありません。薩長を支援していたのはイギリス政府ではなく、イギリスの銀行家=国際金融家で、その筆頭がロスチャイルド家だといいます。そしてイギリス政府の思惑とは別に動いていたとのこと。

彼らが明治維新の裏で暗躍しただけでなく、新政府の制度や政策に大きく関わっていて、約150年立った私たちの日本にも影響を及ぼしている、というのが苫米地さんの主張です。

萩藩(長州藩)の謎

本書を読んであらためて気づいたのですが、明治維新にはおかしなところがあります。

例えば長州藩という名称。現在では長州藩というのが一般的ですが、これは不正確な呼び方です。当時は萩藩、長藩あるいは毛利家という呼び方をしていました。長州藩とは萩藩とその支藩である長府藩、徳山藩、岩国領などの総称で、明治以降に一般的に呼ばれるようになりました。本書の中で苫米地さんは「萩藩」と呼んでいます。

 

この萩藩、幕末に戦いを繰り返します。幕府をはじめ会津藩や薩摩藩などを相手に戦った禁門の変(蛤御門の変)。英仏蘭米の四カ国相手に戦った下関戦争。幕府と諸藩連合が相手の二回にわたる長州征伐。萩藩はことごとく敗北するのですが、最後の第二次長州征伐にいたっては幕府側に勝利します。

萩藩は身分差別がゆるいのが特徴です。例えば吉田松陰の松下村塾では、200石取りの上士の息子である高杉晋作と足軽(萩藩では百姓身分)の子の伊藤博文が一緒に学んでいました。

もちろん身分差別がまったくなかったわけではありませんが、同じ薩長土肥でも、中世から同じ国を治めている薩摩藩や上士と下士の対立が激しかった土佐藩などの身分差別が厳しい藩と比較すると相対的に緩やかであったことは事実です。

また、萩藩士たちが議論を好み、農民や町人出身者で構成させる奇兵隊を作るなど、当時としてはかなり進歩的な藩だったことも戦いを繰り返した要因の1つです。しかし戦争を行うには武器の購入や補給など、とにかくお金がかかります。

領地は長門と周防の2ヶ国(現在の山口県)で表向きの石高は36万石。江戸時代の藩全体の中では9位です。これは同じ薩長土肥の1つである佐賀藩や徳川御三家の1つである水戸藩に近い石高といえます。

ただし少なめに届けられていたことと、その後の新田開発で実際には65万石以上、さらに増えて最終的には100万石を超えていたと言われています。

萩藩が他藩と比べてかなり豊かだったのは間違いないですが、幕府と諸藩の連合(ただし一枚岩ではありませんでした)という日本全国を相手に戦ったり、列強相手に戦うというのは並大抵の財源では対応できません。

なぜこのようなことができたのでしょうか。本書ではその理由が書いてありますが、それは現代にまで影響を与えているといいます。

フリーメイソン疑惑の否定

幕末に活躍したグラバーという武器商人がいます。長崎には今でもグラバー園というのがあって、有名な観光名所になっています。また、諸説ありますが大河ドラマの『龍馬伝』では龍馬たち亀山社中(海援隊)を支援してました。

このグラバーにはフリーメイソンの疑惑があります。

グラバー邸内にメイソンのマークが刻まれた石柱が存在するのが根拠ですが、これはもともとグラバー邸のものではなく、昭和46年にロッジ(メイソンの集会所)にあったものが長崎市に寄贈されて、長崎市がグラバー邸に移設したそうです。

EPISODE | グラバー園公式ウェブサイト
EPISODE | 南山手の居留地・洋館と歴史上の人物の解説。イベント情報、園内建物マップ。

苫米地さんも移設のことは書いていますが、違う理由でもグラバーのフリーメイソン疑惑を否定します。それはグラバーの出身地であるスコットランドのアバディーンシャーや長崎のメイソンの名簿に載ってないというのです。メイソンの名簿は1733~1923年の英国のものが公開されています。

フリーメイソン190年分の名簿をネット公開
【11月24日 AFP】秘密結社などといわれる「フリーメイソン(Freemason)」の190年分、200万人の名簿がインターネット上で公開された。

スコットランドのグラバーの記録は、これを見ればわかるかもしれません。しかし、長崎のメイソン名簿を苫米地さんはどうやって見たのでしょうか。外部の人間が名簿を自由に閲覧できるとは考えにくいのですが・・・。

参考文献あり

本書には参考文献のっています。ただし、巻末にまとめてではなく文中に挿入される形です。苫米地さんの本で参考文献が載っている本は珍しく、他にパッと思いつくのは『洗脳原論』くらいです。

現代のことならともかく、読者からすると、苫米地さんと歴史はあまりなじみがないからでしょうか。そのおかげで説得力の高い主張になっていると思います。

コメント