スポンサーリンク

苫米地入門には最適!? 『立ち読みしなさい!』

スポンサーリンク

立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)

苫米地さんの理論には、コンフォートゾーン、エフィカシーなどあまり一般的でなかったり、ゴールのように一般的な意味とは少し違った形で言葉が使われることがあります。
苫米地さんの理論の取っつきにくさの原因の1つは、これらの用語にあります。
本の中で繰り返し述べられているので、何冊か読めば意味がわかってくるのですが、その前に挫折してしまう人もいると思います。

それを克服する方法の1つは苫米地英人YouTubeチャンネルで、苫米地さん本人が用語の解説をしています。文字情報だけよりも、本人の声、表情、しぐさなど情報量が多いので、良く理解できる可能性があります。

もう1つの答えが本書になり得るでしょう。

本書の特徴

一番の特徴は、漫画で苫米地理論を学べるということです。
漫画→用語の順番で載っているので、漫画でざっと理解したあと深く理解するという構成。
大変理にかなっています。
全体を俯瞰したあと、細部に入ることや、一度覚えたことをすぐに復習するのは記憶力の本では良く言われていることです。
また、ストーリーを追っていくので、文字だけで説明されるよりもわかりやすいです。その上で、文字で解説されるというのは、長期記憶に残りやすいというメリットもあります。
反面、漫画に抵抗がある年配の方には向かないかもしれません。

また、漫画だけではなく、解説も今までにない方法が取られています。
本書を『夢を叶える攻略本』であると宣言したり、ワンピースのルフィを例えに使ったり(余談ですが、苫米地さんがワンピースを読んだことがあるのに驚きました)ハッピーロードとシクシクロードなど。
とにかくシンプルでわかりやすくしよう、としているのがわかります。

その甲斐あって、Amazonの苫米地先生の本は現在145件のレビューが付いています。これは多くの人に読まれた証拠だと思います。

苫米地さんの作画

本書の中で3つの漫画が載っていて、それぞれに苫米地さんが出てきます。3作とも別の人が書いているらしく、苫米地さんの顔はそれぞれ異なります。

位置№231

位置№1125

位置№1494

個人的には3つ目の苫米地さんが本人に似ていると思います。
2つ目は若すぎると思いますが、顔の半分にトーンがかかっている所は苫米地さんと初めて対峙する人の心理をよく表していますね。

苫米地ファンにもおすすめ

本書が入門書に最適であると書いてきましたが、苫米地ファンであっても新しい発見があるかもしれません。
私自身がそうでした。
苫米地さんはよく過去は関係ないと言います。その意味を2つ目の漫画に出てくる川の例えであらためて理解したのです。

位置№1127より

チャンスは未来から流れてくるもので、過去の方向を向いていてはチャンスを逃してしまうかもしれない・・・本書ではそのことに気づきました。

コメント