スポンサーリンク

2017/12/22(金)苫米地英人ブロマガ用生放送 第116回“なまべちでGO!!” タイムテーブルと感想

スポンサーリンク

タイムテーブル

0~ 女子会

19分 苫米地さん登場 クリスマスプレゼントの紹介

30分 北朝鮮問題について 有料タイム開始

31分 ビットコインの秘密

33分 もっと言っちゃいけない話

42分 質問タイム 来年の世界動向 MXの番組を見ている割合

44分 アメリカに付く形容詞の変化?

1時間10分 映像止まる

1時間11分 日本の外交 中国の一帯一路

1時間17分 原理主義は海外に 『俺、やっちまっちゃったぜ』

1時間20分 ゼネコン談合の理由 来年の日本は?

1時間21分 ハンバーガー話

1時間23分 ”you are stupid”

1時間32分 終了

感想

今回は苫米地さんが登場してから約1時間10分と短かったですが、内容は年内最後の放送だけあって大変濃かったです。内容は大まかに前半のビットコインの話と来年の世界情勢の話。

前半のビットコインの話は秘密なので、ここにまったく書くことができません。苫米地さんの独自情報なので検証もしようがないですが、とにかく衝撃的でした。前々から苫米地さんが言っていたことの続報といった感じです。

来年の世界動向はアメリカの話がメインでした。トランプ政権によってアメリカが世界のリーダーの座を降りたという苫米地さんの分析です。そして相対的に日本が重要なポジションになってくるというもの。

アメリカの国家安全保障戦略からアメリカの今後を分析したり、みずほ銀行がパンダ債を発行することから日本の今後の立ち位置が変化することを読み取るなど、データ(事実)からワラント(論拠)→クレーム(主張)という自身が勧めているトゥールミンロジックの手法を使っています。さすがだと思いました。

米政権:「強いアメリカ」前面に 国家安全保障戦略発表 - 毎日新聞
 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権は18日、初めての国家安全保障戦略(NSS)を発表し、米国第一主義に基づく「強いアメリカ」確立を目指す姿勢を前面に押し出した。トランプ大統領は演説で、経済力の維持・強化が「国家安全保障に直結する」とも指摘し、米国民の利益追求を最優先する考えを改めて強調した。
みずほ銀:パンダ債を発行へ、日本企業初-人民元調達への道が容易に
みずほ銀行は、中国人民銀行から人民元建て債券(パンダ債)発行の認可を得たと発表した。日本企業としては初めてという。発行額は5億人民元(約86億円)、年限3年を予定しており、発行に向けた具体的な準備作業を開始した。
苫米地英人ブロマガ用生放送 第116回“なまべちでGO!!”

43分18秒

もう一つ気になったのが、TOKYO MXで放送されている苫米地さん出演の『バラ色ダンディ』を見ているニコ生視聴者の割合です。

録画はみてない!に含まれるという条件だったので、リアルタイム視聴のみで32%のニコ生視聴者がバラダンも見ているようです。

バラダンは平日の21時から放送されていて、苫米地さんは木曜日のコメンテーターの一人です。苫米地さんが政治や経済のことを話すと、他のコメンテーターの人たちがポカーンとして大変おもしろいです。

しかし私も時間的にリアルタイムではなかなか見られませんし、TOKYO MXは関東ローカルなので地方に住んでいると見られないと思います。それでいてこの割合はかなり高いといえるのではないでしょうか。

苫米地英人ブロマガ用生放送 第116回“なまべちでGO!!” ポスター

20分4秒

クリスマスプレゼントであるポスターでは、コスプレを披露していました。東映の撮影所から借りた衣装を着て撮影したそうです。暴れん坊将軍でしょうか。苫米地さんは武家(?)だけあって和装も似合います。草履で馬に乗ることの難しさも知りました。

コメント