スポンサーリンク

2017/06/16(金)第103回“なまべちでGO!!” タイムテーブルと感想

スポンサーリンク

タイムテーブル

0分 女子会

34分 苫米地さん登場 イベントへの出演

38分 YouTubeの内容

39分 イタリア王子との関係 騎士団の解説

52分 有料タイム開始

55分 ラリーについて

1時間05分 ロシアでの活動

1時間25分 RICO法

1時間30分 質問コーナー 共謀罪の問題点

1時間36分 ドーパミンを出すには?

1時間48分 苫米地は貧乏人の心がわからない?

1時間51分 仮想通貨が軍事や戦争に与える影響

2時間11分 終了

感想

イタリアの元王子との話が面白かったです。王子はこの方でしょうか。気さくで良いやつだと言ってましたが、ルックスもなかなかのイケメンです。二人でどんな話をするのでしょうか。日本の騎士団の高齢化は意外でした。苫米地さんでも若造扱いとか・・・騎士団というのだから、エスタブリッシュメントの人たちだとは思うのですが、その人たちも高齢化という、日本の問題に直面しているのでしょうか。

エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア (1972-) - Wikipedia

ラリーで苫米地さんが会ったロシアのバイカー集団「ザ・ナイトウルフス」はただの暴走族ではなく、民兵組織です。2014年のクリミア危機やウクライナ内戦にも参戦しているようです。軍や警察のほかにこのような組織があるのは他ではなかなか聞きません。

プーチン大統領に忠誠を誓った悪名高きバイカー・ギャング「ザ・ナイトウルブス」、その背後にあるストーリー : カラパイア
 プーチン大統領に忠誠を誓った男たちがいる。「ザ・ナイトウルブス(夜の狼)」は、ロシアで最大かつ最も悪名高いバイカーギャングだが、同時にロシア政府から後ろ盾を得た分離独立派の民兵組織でもある。 ロシアで勢力を強める超国家主義の波に乗った番兵である彼らは

 

ドーパミンを出すために、苫米地さんは脳波計を付けてトレーニングしたと言ってました。一応Amazonで脳波計は売っているのですが、けっこうな値段です。やはり好きな仕事を通じて出すほうがいいのでしょうか。

コメント