洗脳

スポンサーリンク

苫米地英人が語るリーダー論『すごいリーダーは脳がちがう』

本書は苫米地さんによるリーダー論です。 リーダーとはどのような人物なのか?リーダーを選ぶには?リーダーになるには?などのぎも問に答えていきます。 会社を経営していたり、TPIジャパンなどの団体の代表をしているなど、苫米地...

脱洗脳のその先へ『幻想と覚醒 』

「すべては幻想」 本書の内容を要約するとこのようになります。苫米地さんの本の中ではテーマがシンプルです。 私やあなたが見ているもの、聞いているもの、信じているもの・・・すべてが幻想であると苫米地さんは言います。常識、宗教...

苫米地英人、脱洗脳後のインタビュー!?『洗脳されたい!―マインド・ビジネスの天国と地獄』

胡散臭いビジネス、怪しいビジネスの事例集 マルチ商法、カルト宗教、自己啓発セミナー、オカルト商法・・・など本書ではその仕組みや背景を解説しています。 特にビジネスモデルに焦点を当てていて、どうやって稼いでいるかを細かく書いていま...

苫米地英人の特殊機能音源の秘密!?『音楽と洗脳: 美しき和音の正体』

苫米地さんは頻繁にライブをしたり、アンプやギターのコレクターとしての側面を持ちます。当然音楽に対する造形も深く、本書は音楽がテーマ。 特にアナログ音源に強いこだわりを持つ理由や、音楽と洗脳の歴史、日本の音楽教育の問題点などです...

最新の洗脳事情!?『現代洗脳のカラクリ』

言うまでもないと思いますが、洗脳と言えば苫米地さんです。苫米地さんの原点といえば洗脳の教科書である『洗脳原論』と洗脳から身を守る具体的なトレーニングについて書かれた『洗脳護身術―日常からの覚醒、二十一世紀のサトリ修行と自己解放』があ...

洗脳から身を守る方法!?『洗脳護身術』

『洗脳護身術』のレビューです。洗脳から身を守るための技法”洗脳護身術”のための理論と具体的なトレーニング法が書かれています。 苫米地さんの本の中で一冊選ぶとするならばこの本だと思います。

正義という言葉を聞いたら疑え!?『正義という名の洗脳』

『正義という名の洗脳』のレビューです。絶対的な正義はないということを様々な形で書いています。正義という言葉に洗脳されない方法も。

苫米地英人による日本論『「日本」を捨てよ』

『「日本」を捨てよ』のレビューです。苫米地英人による日本論の本になります。

メディアを支配する電通!?『洗脳広告代理店電通』

『洗脳広告代理店電通』のレビューです。メディアの問題点や広告代理店の問題点などが書かれています。電通の有価証券報告書の分析や株主の構成などが興味深いです。

まるで映画のようなCIAの陰謀『CIA洗脳実験室』

『CIA洗脳実験室』のレビューです。オウムも本書参考したと思われ、具体的な洗脳の描写もあります。。CIAによる洗脳実験『MKウルトラ計画』の犠牲者となった人がいました。その息子が精神科医になった著者です。
スポンサーリンク